字級:
:::
  • 長濱郷

    長濱の元の名前は「加走湾」といい、アミ族の言葉で「展望台」や「見張り台」を意味するpikakasawanという言葉から変化したものです。この郷は台東と花蓮の真中に位置しておりアミ族の勢力範囲でしたが、日本統治時代にその他の部族が次第に移住して...more

    成功鎮

    アミ族が多くを占める成功鎮では、その台東で最も長い海岸線と黒潮が通過することから漁業資源が極めて豊富で、花東海岸最大の漁業の中心となっています。漁業の発展によって成功鎮は台東県最大の郷・鎮となりました。その海岸地形の景観は千変万化で...more

    東河郷

    東河郷沿海の観光スポットには加母子湾、水往上流、都蘭、金樽があります。続いて北上すると「金樽」の陸続きの島が全台湾を見渡し、東河橋に至ると馬武窟渓峡谷の景色が眼下に走り、海と空の間、人間の地にある仙境のようです。馬武窟渓に沿って...more

    緑島郷

    緑島は元の名を「火焼嶼」と呼ばれ、アミ族と蘭嶼の達悟族がかつてここの主でした。島の周囲の海浜はすべてサンゴ礁で囲まれており、海洋生態は十分豊富で、海の浸食による景観も非常に発達しています。レジャー旅行業の発展に伴い、東部海岸国家風...more

    蘭嶼郷

    清朝の初期の文献では蘭嶼を「紅頭嶼」と呼んでいました。後に蘭の栽培が盛んとなったことによって1946年「蘭嶼」と改名されました。蘭嶼は火山活動によって出来たもので、龍頭岩、象の鼻、鉄兜岩、小饅頭山、饅頭山など、火成岩の特殊な景観を豊...more

    台東市

    鯉魚山を散歩して太平洋に足を洗う、町の中心には山があり、山裾は海にまで届いています。唯一無二の海と山の景色は台東市ではどこででも見られます。正気路は小皿料理街でもありフルーツ街でもあり、琵琶湖、活水湖と鷺湖がある海浜公園と森林公園...more

    太麻里郷

    太麻里は台東から南へ向かったところにある大きい農村集落です。特に釈迦頭の実はたいへん大きくて甘く、香りも高く生産期も早いのでほぼ太麻里の代名詞のようになっており、果実農家に少なくない財産をもたらしてくれました。黒潮の通過は太麻里を重要な...more

    大武郷

    集落の建築、風土と人々の様子に小さな町の風情が色濃く残っています。住民の多くは農業、漁業に従事しています。農産品は玉荷包ライチが最も有名で、その生産期が他の地区よりも早いだけではなく、肉質が甘く柔らかいことから広く観光客に愛されてい...more

    達仁郷

    達仁郷は辺境にあることから多くの自然の風貌を残しており、原始の美しさに溢れ、川を遡って秘境を訪れる人たちの聖地です。台湾の観光トレンドが次第にエコツアーに向かっている今、その純粋で豊富な渓流の生態は新しい人気の的となっています。百歩...more

    金峰郷

    金峰郷には険しい山々、重なり合う岩があり、人気が少ないことから野生動物たちの天国となっています。近年は太麻里渓流地域の部落が「マサルの旅」を始めました。特有の環境とパイワン族の文化を結合させ、部落の人たちにガイド、解説員の訓練を行...more

    卑南郷

    卑南郷には多くの山、丘陵があり、平地はたいへん少なくなっています。郷内にある知本渓流域の知本温泉区は温泉と森林浴で有名で、台東旅行の主要な観光スポットとなっています。区内には観光客のために数十軒もの温泉旅館があります。そして台東県内唯一の...more

    延平郷

    延平郷はもともとルカイ族の狩場でした。1968年、一本の竹棒と石ころから始まった紅葉小学校少年野球チームは、なんと世界王者の日本チームを破り、その名を全国にとどろかせました。「紅葉少年野球チーム」は台湾の青少年に野球ブームを巻き起こし...more

    鹿野郷

    鹿野郷内は水源が豊富で、天候、土壌が良く、政府が東部における重要な茶葉の産地として開発しており、「福鹿茶」はたいへん好評です。最近では観光レジャー農業の発展にも力をいれ、鹿野高台では地の利を生かしてパラグライダーが普及しています。...more

    関山鎮

    関山鎮の地勢は平坦で、農業にたいへん適しており、米が最も重要な製品となっていて関山米が全台湾で有名な他、先祖が苦労して切り拓いた美しい農村と田畑もあり、多くの人文史跡を留めて後山移民の苦しい歳月を記録しており、これらは全て観光発展の貴重...more

    池上郷

    池上郷は気候の影響で比較的大きく弾力のある米粒が成育し、品質・口当たりともにたいへん優れています。かつて日本の天皇に「献上米」として献上されていました。たいへん有名な池上弁当の名は、全て池上米の功績だといえるでしょう。郷内の大坡池は...more

    海端郷

    海端郷は台東県で最も広い郷・鎮です。住民はブヌン族が多くを占め、山や田の焼畑開墾や狩猟が主な生活方式です。最近、ブヌン族の人は率先して「渓流封鎖」(新武呂渓)を行い、部族の人が自治する生態保護区を成立させて「高身鏟頜魚」などの...more

     

    台東県は七つの原住民の部族があります。ブヌン、パイワン、ルカイ、アミ、ピュマ、ヤミとクバランなどの部族に分けられます。種族と文化の違いは大きく、台湾一であるばかりでなく、世界でも珍しいものです。また、原住民の人口比率が高く、原住民文化の色彩が濃厚で、台東県の文化資源は全台湾で抜きんでています。 ...more

:::