字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
「ウァ~!私達の熱気球」 2014熱気球の小学校巡回講座列車が瑞源小学校に乗り込む, 知事が突然に姿を現し講師を担当 子供達は大喜び
日付:103-04-15    
全国に熱気球のブームを引き起こした台東県は、更に全力でビジネス目標に向かって邁進しています。今年は更に「ウァ~!私達の熱気球」2014熱気球小学校巡回講座シリーズが取り決められ、第九回目が4月15日午後に鹿野郷の瑞源小学校で行われました。黃健庭知事が突然姿を現し、講師を担当しました。そして子供達が健康な体を培い、英語を学び、熱気球に対する情熱を保つよう励ましました。何故ならこれらは、将来熱気球のパイロットなる為の必要条件だからです。

台東県庁觀光旅遊處によって「ウァ~!私達の熱気球」2014熱気球小学校巡回講座シリーズが取り決められ、今年の上半期に20回企画されています。これは、台東の子供達に観光を発展させる為、熱気球が重要である事を認識されるためです。第九回目は、4月15日の午後1時に鹿野郷の瑞源小学校で行われました;台東県の黃健庭知事は、午前の池上郷地方建設成果の視察が終わった後、觀光旅遊處の陳淑慧處長を伴って、子供達の学習状況を観察する為、学校を訪れました。更に初めて担当講師として姿を現し、子供達に熱気球の沿革、原理を説明しました。同時に台東県の発展の為、熱気球の貢献についても説明し、国の代表として国際的な盛会に参加した状況についても話されました。皆が熱気球の知識を身に付け、それが台東人の常識となる事が期待されています。熱気球の発展に関係する事や学んだ事を家族や友達に分かち合う事で、将来熱気球の解説者或いは代弁者になれる事を話し、子供達から熱烈な拍手を受けました。

張鳳珠校長はジョークを交えて:知事が教師でない事を幸いに思っている事を伝えました。なぜなら教え方が大変優れている為、もし知事が教師だったら大勢の教師達が失業してしまうからです;学生達は知事に対して、健康な体に留意し、英語を学び、熱気球に対する情熱を保持して、将来台東の熱気球のパイロットになる事を約束しました!

今年の熱気球フェスティバルのイベント中、初めてお金を払って球內撮影(Walk in balloon)の項目が設けられました。黃健庭知事は特別に教室での講義が終わった後、子供達を引き連れ、膨らんだ気球の中に入って教えました。また熱気球の林沅庭パイロットが、球体の構造や操作原理方法の解説の外に、興奮する子供達と一緒に難しいとされる機内の写真撮影を行い、想い出となる素晴らしい記録を残しました。子供達は知事を取り囲み、知事が来てくれた事や関心を示してくれた事に感謝を表しました。
類別:[教育]