字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
2016《遠見雜誌》22名の知事市長の施政滿足度アンケートで 黃知事は再度5星ランクのクラブに座し 7割2分の県民が滿足を表明
日付:105-05-20    
最新1号《遠見雜誌》六月号で2016年「知事市長施政滿足度アンケート」が行われ、その結果が明らかにされました!今年の評定は初めて22名の知事市長を3組に分け6都、本島13県市及び外島3県としました。最終結果は、陳菊高雄市長、賴清德台南市長、花蓮県の傅崐萁知事、台東県の黃健庭知事が安定した五星ランクの外、連江県の劉增應知事が初めて五星クラブに加わりました。その中でも7割2分近い県民が黃知事の施政に満足を表明しています。

六都、本島と外島は、人口、資源、財力等で多少の差異があります。評価を更に公平にする為、《遠見雜誌》は「知事市長施政滿足度アンケート」を行いました。今年初めて22名の知事市長を六都に分け、本島13県市(六都を除外)と外島3県、合計3組。その結果、最も注目された「5星クラブ」は、大半が「旧チーム」でした。六都組は賴清德台南市長と陳菊高雄市長が再選、また本島13県市では花蓮県の傅崐萁知事と台東県の黃健庭知事の天下で、唯一のルーキーは、外島組連江県の劉增應知事でした。中でも黃健庭知事の施政点数は74点に達し、施政滿足度の部分では71.9%県民が満足を表示し、17.7%が不滿となっていました。

考慮に値する事柄は、《遠見》のこれまで毎期の世論調査を見ると、資源が乏しいと見られている後山や離島であってもそこにある特色を利用するなら、寧ろ劣勢を優勢にする事ができ、「辺鄙が問題ではない」ことを説明しています。今年の世論調査の結果を見ると、今回5星のベテラン中、施政点数はすべて天井板の効果ですが、台東県黃健庭知事は障害を突破して引き続き上昇しており、唯一プラスポイントでした。

更に各県市政府の執政成績を詳細に分析する為、《遠見雜誌》は每年知事市長の施政滿足度の世論調査を行っています。上級指導者の調査の滿足度と施政点数の外、「教育」「エコ」「警察の治安」「道路及び交通」「消防及び公共安全」「医療衛生」「観光レジャー」と「経済及び就業」等の八大施政項目に対しても、民衆の見方を尋ねます。その中で、連江、花蓮、高雄、台東、台南、桃園、屏東、嘉義県、宜蘭と南投では、半数を超える民衆が地方観光の進步を実感しています。更に分析すると、上述10県は殆どが観光レジャーとして知られる所謂「観光大県」です。

また後山、離島で大都会より良いのは教育です。世論調査により判明した事は、花蓮、台東と連江県民は県市教育政策に対して進歩的な見方が最も多く、また金門は第五位でしたが、僅か3.5%と後退で、各県中で最低でした。明らかな事は望む心さえあれば、辺鄙であっても教育には障害がないという事です。

医療衛生方面では、全台湾の民衆の普遍的な印象と感想は悪くありません。今回のアンケートで分かった事は、澎湖、苗栗と台東の民衆は、医療衛生に対して比較的マイナスの評価をしている事です。
類別:[活動]