字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
2016台湾国際バルーンフェステ17日改めてスタート 七機造型バルーンが同時に登場 黃知事はパイロットと観光客に感謝を表す
日付:105-07-17    
「台東は立ち上った!熱気球も立ち上った!」1週間眠らず休まずを通して修復工事をした後、台東県庁は2016台湾国際バルーンフェステが17日に改めてスタートし、イベントの全ての回復を発表しました。黃健庭知事ご夫妻も特別に全てのパイロット、従業員及び台東に来てくれた観光客に感謝を表しました。既に90歲になられた高齢の通信英語教室の彭蒙惠先生も朝早く起きて黃知事及び県庁チームに歓声を贈りました。黃知事は台東全てが安全で、全国のバルーンファンがグループで台東に来るよう歓迎しました。

7月8日台東は台風1号の強烈な襲撃をうけました。116年の記録を破った17ランクの突風が後山に多大な被害を齎し、全国民を驚かせただけではなく、残念なことに風の通り口となった鹿野高台のフェステ会場は、今回の風災で可なりの痛手を被りました。熱気球の仕事に従事しているチームは7月10日から、一時的にバルーンフェステのイベントの停止を決定し、全力で市内の救災と復興に貢献し、台東県民と共に今回の難関を切り抜けました。

今日の早朝5時30分、鹿野高台には大勢のバルーンファンがどっと押し寄せ、鹿野高台の会場及びグラススキーの山の斜面は人だかりができました。黃知事及び県庁觀旅處の人達を驚かせたのは、90歲高齢の通信英語教室の彭蒙惠先生が、特別に早起きをして黃知事を激励する為会場に赴いた事です。黃知事は今回の風災に際し、中央及び各県市が機器や人員の支援をしてくれ、台東県民の努力の下、復原工事は既に90%以上完了した事を述べました。全力で復原に携わり、被災者の補助に協力すると共に、台東も停止した状態ではなく、今回の台風が新たにスタートするきっかけになるよう希望しています。それで全国のバルーンファン及び民衆に対し、台東は既に今回の風災から新たに立ち上がり、改めてイベントの再開決定を14日にした事を宣告しました。考えていなかったのは、今朝これほど大勢の観光客が押し寄せる事でした。皆が行動で台東を支持するよう希望し、風災の台東に赴き更に素晴らしい明日を出迎え、台東で幸福を探そう!

改めて2016台湾国際バルーンフェステのスタートを迎える為、台東熱気球ワークチームは、これまでよりも最多な7機の造型バルーンを夜明けと同時に登場するように手配しました。以前より最多な造型バルーンが登場する記録を作り、最も盛大な造型バルーンパーティーとなります。それらは別々に日本のたこバルーンと鯉バルーン、ドイツの汽車、カナダのロケット、オランダのオス鶏バルーン、アメリカのノアの箱舟及び金魚鉢です。全ての熱気球が順調に開かれ、その内5機が上昇した時、全場からは歓声が上がり、皆はカメラやケイタイで歴史的な一刻を捕えました。県庁觀旅處は7月18日から7月22日まで、貴方が鹿野高台場ルーフェステの会場に赴き、貴方が7機の造型バルーン(その内の2機)と撮った写真を台湾バルーンフェステファンの専用ページにアップロードし、更にTAGで親しい友人五名で、直ぐに会場のサービスカウンターで数量限定の熱気球プレゼント一つを受け取る事ができます!

更に多くの詳細な情報は2016台湾国際バルーンフェステのウェブサイト及びファングループにお尋ね下さい:
公式ウェブサイト:www.balloontaiwan-taitung.com.tw
FBファングループ:www.facebook.com/balloontaiwan
イベント専用問合せ電話番号:089-346122、089-348920
類別:[活動]
  • 相關圖片
    相關圖片 相關圖片
    相關圖片
    1. S__14450711.jpg