字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
台湾で初めての飛行訓練センターが台東に選ばれ 24日に起工式が開催 黃知事は空域イベントと台東観光推進を結合する事を期待
日付:103-03-25    
CPL (ビジネス飛行ライセンス)、PPL(個人飛行ライセンス)を習得したい人にとっては幸いです!アンセット飛行訓練センターが半年の準備と努力を経て、台東で間近に台湾初の学術科訓練を完備した飛行訓練センターが成立します。24日に起工式が行われ、予定では6月から正式に運営されます。黃健庭知事は式典に参加して、更にアンセットと相互の協力を行う事を期待し、共同で台東の空域イベント及び観光の発展を推進するよう期待している事を話されました。

航空飛行学校或は飛行訓練センターの成立は、台湾にとってずっと「階段の響きが聞こえる」様な程遠い出来事でした。しかしここ数年、次第にアジアが世界的な航空運輸の必要な主要市場となりつつあり、飛行機械師の必要が大幅に増加し、それに伴い専門と安全の理念も必要になっています。2013年5月から計画がスタートし、半年の努力を経て、APEX(アンセット飛行訓練センター)が交通部の計画許可を取得しました。更に台東の好き山好き水及び綺麗な空域が気に入り、特に台東を選択して台湾で初めての飛行訓練センターの成立が可能になりました。24日の午後1時に台東の豊年飛行場後方の基地で、起工式が行われ、アンセット飛行訓練センターの高健祐会長、臧運國社長、黃健庭知事、県庁の観光旅行處の王國政副處長及び台東飛行場の郭福財主任等の貴賓が参加しました。高会長は香を燃やして祈祷した後、黃知事等の貴賓を起工式に招待しました。

高会長はアンセット飛行訓練センターが、現在既に交通部の計画許可を取得した事を伝え、更に運営の為の五階段の実質審査の作業中である事を話されました。予定では今年、正式に運営が始まり、航行機械関係の業務基地及び飛行訓練センターの第一期の工事、駐機場の建設、補修工場、将来の訓練センター等が設置され、それは外国の飛行学校の環境に匹敵します。同時に学術科訓練教室、宿舍、ダイニングルームも設置されます。ツインの発動機トレーニングマシーン及び二機の模型飛行機が備えられ、每月の総飛行の総時数は600~800時間に達します。

黃知事はアンセット会社に対して、台東を選び台湾で初の飛行訓練センターを成立した事に感謝を表しました。ビジネス飛行ライセンス、個人の飛行ライセンスの取得を考えている人、或いは飛行体験を希望する人達が、遠く外国で高額な学費を負担して学ぶ事なく国内で学ぶ事ができます。アンセットにとっては小さな一步ですが、台湾の航空にとっては大きな一步と言えます。以前から台東は空域のイベントを推進する事を非常に重視しており、初めの数年はパラグライダーで、その後3年前から熱気球のイベントを推進しています。アンセットが加わる事で、台湾の空域は更に熱気を帯び、多くの空間の想像を叶える事ができ、花蓮・台東が空域はイベントを行う上で最も適した場所です。特に花蓮の南部から台東の鹿野に掛けての花東縱谷は、既に民航局によって空域飛行発展区域にリストアップされています。

アンセット飛行學校は6月から正式に運営され、将来県庁はセンターと相互結合する事によって、台東の空域イベント及び観光発展に繋げる事ができるでしょう。アンセット会社が、飛行訓練の仕事の為に多くの精神と経費を投入している事に感謝しています。6月には交通面で多くの事柄が生じます。アンセット飛行訓練センターの正式な運営以外、台湾鉄道のピウマ(普悠瑪)号が台東まで運行する事、台東では初めての市内バスの運行がスタートし、台東の交通運輸と観光発展の新たな一里塚となる事が期待されています。
類別:[活動]