字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
スマート台東 全世界に―ビッグデータの波を迎え スマート政府の新時代を促進 県庁のチャージサービス創作成果発表会
日付:104-11-10    
台東県は近年、各種の困難や制限を克服してスマート政府創設の新しいサービス促進に力を惜しまず努力しています。また積極的に資本通信の科学技術を運用して落差を補い、戸外に無料の無線ブロードバンドサービス(TT-Free)ネットを設置しています。更に今年から「台東県社会経済データベース企画システムを設置」しており、県庁は特別11月10日にチャージサービス創作成果発表会を開催しました。国家発展委員会の簡宏偉處長は、台東県庁のe化サービス「家まで宅配」の計画が、公務員のサービス精神を実践し、正に全国各県市の模範になっている事を称賛しました。

成果発表の記者会は黃健庭知事が司会を行い、国家発展委員会資管處の簡宏偉處長、台東議会の陳宏宗副議長及び多くの議員、海端郷の余忠義郷長、池上郷の張堯城郷長、長濱郷の潘淑芳郷長、台東市役所の温忠仁主任秘書及び県庁の局處長等が参加しました。黃知事は台東県が近年E化及びスマート都市の方面で非常に傑出している事を述べました。辺鄙な県が大都会を乗り越えられたのは、計画處の職員の努力及び国発会の財政等の支持と協力であり、それに感謝を表しました。国際組織スマート都市のフォーラム(Intelligent Community Forum,ICF)の公表で、「年度全世界21大スマート都市」(The Smart21 Communities of the Year)の入選名簿に台東県が含まれ、2015年全世界21大スマート都市の栄誉を獲得しました。そして今回、再び300を超す全世界の都市の中から2016全世界21大スマート都市に入選しました。国際的なスマート都市で連続入選できたことは素晴らしい事であり、スマート都市の実り多い成果が得られている事が誰の目にも明らかです。無線ブロードバンドサービス(TT-Free)ネットは、2014年8月から正式にスタートし、現在TT-Freeの会員は11万近くに及んでいます。各自が毎日ネットを使う時間は約100分で、台東のTT-Freeは每月平均450万回で、その効果が顕著である事が分かります。

台東県の面積は、大変広く、交通も不便で、老人、障害者及び弱者グループの比率が全国で最も高い県です。台東県が先天的な弱者及び苦境の立場を改善する為、限られた資源を精密に有効的に分配できる施政を運用し、最大の益を得ています。台東県庁は今年から「台東県社会経済データベース企画システム」を設置し、統計区の分類を構築しています。また台東県の各公務項目を登録し、統計と民間に関連した資料を調査しています。また以前に郷鎮及び村里で行われていた統計方式を用い、更に小さい単元(最小統計区)に転化し、空間分布(GIS)の統計情報を整理しています。小さな区域の社会経済資料の分布と変遷傾向についての分析を行う事で、著しい効果を発揮することができます。その社会経済のデータベースを将来、クラウドビッグデータの基礎にする事ができます。

台東県庁は先天的な弱者環境の不足を補う為、積極的に新しいサービスを実行しています。2013年からE化サービスの「家まで宅配」を出発点として、積極的にe化サービス家まで宅配「私のa隣人それはe」計画を遂行し、全国の各県市の模範になりました。この計画は全県16の郷鎮市役所及び戸政事務所、衛生局、税務局の4つの衛生所合計38か所で同時に推進されました。各部所の職員がケイタイを携え民間の家に赴き、必要項目の申請に協力するこの計画は現在まで既に29、610件のケイタイサービスを行っています。その他、県民のサービスを強化する為、今年更に「スマート社区プラットフォーム」が遂行されています。各郷鎮市役場や村里長及び民衆が使用でき、村里長或いは民衆がこのプラットフォームを通して村里の様々な事柄に反応でき、各郷鎮市役場、県庁及び各中央の権力と責任を有する部門は直接処理する事ができます。以前の余にも複雑な行政手続きを改善し、第一線のサービス効能を高めています。台東県庁は今年、第七回政府サービス品質賞の栄誉を獲得しており、政府と民衆に最後の1マイルのサービスを実行しています。

台東県庁は各部門職員の苦労を労いそれを奨励する為、各機関の団体賞と個人賞に分けて表彰を行いました。機関団体賞は顕著な効果を推進した6部門が獲得しました。それには海端郷役場、台東市役所、池上郷役場、太麻里戸政事務所、太麻里戸政事務所の達仁事務所、太麻里郷衛生所が含まれます。更に台東市役所はサービス精進賞を獲得し、海端郷役場は連続3年優勝を勝ち取り、県庁は特別に感動サービス賞を贈りました;個人賞では太麻里戸政所の文隆璋、達仁事務所の溫樂曼、太麻里衛生所の余小萍、池上郷役場の黃珊珊、海端郷役場の蘇煒宸、台東癬税務局の江採昭、台東県衛生局の呉曉嵐及び台東市役所の江俊頡等、各部門の8名の功績が優秀な職員が賞を獲得しまた。更に台東市民権里長の余岱沅及び東河郷北源村の李重民村長等2名にスマート里長メダルが贈られました。

県庁の計畫處は今回の「私のa隣人それはe」&「社会経済のデータベース」新しいチャージサービスの成果発表の記者会で、参加した貴賓に社会経済のデータベースの決策支援を充分に理解させることにより、より多くの革新的な構想を提供する事ができました。将来、台東県庁の方策支援と業務実行を支持するよう励ます事ができ、有效的な管理及び応用を提供する事ができました:それにはe化宅配チャージサービス、治安管理、災害予防と救援、疾病医療の予防、交通、観光及び都市計画等の各項目の応用が含まれています。更に民間の各種商業と学術研究の緊密な結合、管理提供、企画、決策分析の使用等があります。これらは資料の科学技術(BIG DATA)による県民サービスを導く次の一段階で、持続的に製作を開発して更に地元化されたチャージサービス、県民全体に親密なサービスと便利な生活を齎す事ができます
類別:[活動]