字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
馬総統が18日に台東を訪れ 花東鉄道の電気化を視察 台東の県民が切符を求められない問題の解決の為 黃知事はピユマ号が一日三便台北・台東を直行するよう提案
日付:103-04-19    
馬英九総督は、4月18日に視察の為に台東へ訪れました。鹿野駅の花東鉄道電気化の進度を視察だけでなく、鹿野郷の林旺製茶工場を視察訪問して、お茶産業の発展状況も理解しました。黃知事は馬総督が交通部及び農委会に対して示された愛ある関心に感謝を表しました。またピユマ号が一日三便台北・台東を直行するよう提案しました。列車の回数及び台東の座位数を増加する事で、台東県民が切符を容易に手にする事ができるからです。

馬総督は交通部の葉匡時部長、農委会の陳保基主委、黃健庭知事等を伴って、鹿野駅の改造工事及び花東鉄道電気化の進度を視察しました。馬総督は、西部が現在の高速鉄道化時代に代わる、30年前に既に鉄道電気化が行われていましたが、花蓮・台東は現在尚なされていません。これは確かに花蓮・台東に対して不公平な事であり、毎回東部を訪れるたび、大変申し訳なく思っていました。何か大きな間違いがあったからではなく、政府が花蓮・台東を余り重視していなかった事が原因です。大陸との直行が可能になった今、大陸の多くの都市と一日の生活圏が可能になりました。しかし、同じ台湾国内で台東とは、まだ一日の生活圈を営む事ができない事は大変申し訳のない事です。西部の人達が皆、高速鉄道を利用する事ができている時代に、台東県の人達はのろのろの鉄道運輸に忍耐しなければなりません。確かにこれは私達の間違えで、改善する必要があり、更に積極的に改善しなければなりません。

県民が関心を持っている花東鉄道全線電気化の工事に対して、交通部の葉匡時部長は、工事現場でピユマ号が六月に必ず運行する事を保証しました。鉄工局は、花東鉄道全線電気化の外、高速鉄道の運行速度が台北から台東までの3時間半になるだけではなく、花蓮・台東鉄道沿線の28か所の駅に、ハードとソフト設備が設置され、サービスの功能が向上する事を伝えています。また地方文化の風貌及び特色が結合される事により、台湾良き旅は二酸化炭素が削減された鉄道運輸により、花蓮・台東の美が更に表現される事でしょう。

黃知事は、2002年に立法院に入った後、力を振り絞って台東の交通改善を申請してきました。県庁はここ4年間、台東の大自然の資源を利用して国際水準のイベントを企画してきました。例えば熱気球、サーフィン及び国際トライアスロン等です。それにより旅行者の数は4年前の400万人から600万人に増加しました。民間の預金は200億元に增加し、観光産業はうなぎ上りに発展し、たくさんの求職状況が見られます。今年の3月に初めて台東の人口が增加し、確かに今台東は発展している事を示しています。プユマ号は昨日台東まで試運転を行い、六月には開通します。黃知事は馬総督に対して、台北から台東までの直行便を1日3便にするよう希望しました。列車の便数及び台東の座位数を増加させる事で、台東県民が切符を手に入れる事ができない問題を解決する事ができます。

鹿野の駅の視察後、馬総督は農業の発展にも関心を示され、農委会の陳保基主委及び黃知事を伴って、台東県鹿野郷の林旺製茶工場に赴き、お茶産業の発展状況を視察訪問し、農民の意見にも耳を傾けました。馬総督及び黃知事も自ら「フルーツティ-」の製作DIYを体験しました。それは土地の(文旦)の果肉を取り除いた後に茶葉を詰め込み、糸で縛った後天火に掛け、特殊な文旦の香りとお茶の香の「フルーツティ-」が出来上がります。
類別:[交通]