字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
知本熱気球感謝LightScribeコンサートで「台東が立ち上がる」を宣告 黃知事は復原協力に感謝 全国の人達が行動で台東の支持を期待
日付:105-07-20    
強烈な台風1号の襲撃を受け、台東は重大な損失を被りましたが、全国の県庁や市役所の器具や人員の支援、また熱意を抱いたボランティア及び台東県民が全力で救災及び復原の仕事に携わり、現在災害後の再建は既に第2段階入っています。16日に知本温泉で內容が「感謝の夜」に調整されたLightScribeコンサートが開催されました。県庁及び卑南郷の各界、ホテル業者が一緒に台東が「立ち上がる」よう、全国各地から寄せられた物資、人力や寄付に感謝を表しました。また黃健庭知事も一般社会に対して、台東が新たにスタートした事を宣告しました!知事は各界の人々が実際に台東への観光を行い、引き続き行動で台東を支持するよう希望しています。また黃知事は通信英語教室の彭蒙惠先生が社員旅行をキャンセルし、その旅行費用の全額30万元を台東の被災後の復興に寄付された精神が人を感動させた事を述べました。

  16日夜の2016熱気球LightScribeコンサート-「幸福を台東で探す知本感謝LightScribeコンサート」が、知本温泉区の堤防外側の駐車場で行われ、大勢の民衆及びホテルに宿泊する旅行者がこのコンサートを楽しみました。6機の熱気球の外、ロイヤル知本ホテルのバルーンもコンサートに参加しました。黃健庭知事、陳金虎副知事、卑南郷の許文獻郷長、王飛龍県議員、張卓然県議員、ロイヤル知本ホテルの劉祖寧社長、県庁観光旅遊處の江慧卿處長、国際発展及び計画處の余明勳處長等の貴賓、通信英語教室の彭蒙惠先生、台東籍歌手の王宏恩氏も出席しました。黃健庭知事、陳金虎副知事、卑南郷の許文獻郷長と県庁チームが共に90度のお辞儀をして、台東の復原に関する社会各界の人達と台東県民の支持に対して感謝の意を表しました。その他、コンサートの司会者も一つ一つ各県庁や市役所に対する感謝を読み上げ、熱気球もそれに伴って噴火してバルーンを照らし、熱気球が音楽に合わせ噴火して夜空を照らすと、観賞しに来た人達も拍子を合わせて拍手で歓呼しました。

  初めに黃知事が全県23万県民を代表して、全ての参加者及び台東に旅行に来た人達に対して感謝を表しました。知事は7月8日に台東を襲撃した強烈な台風1号が、116年の記録を破った17ランクの突風で、台東に多大の被害や損失を齎しましたが、台東人は勇敢で強靱、更に各県や市の器具や人力の支援、ボランティアの協力及び県民共同の努力の下、一週間で復原し「台東が新たに立ち上がった!」事を話しました。しかし復興の道のりは長く、引き続き皆さんの支持を必要としています。今晩の「LightScribeコンサート」を通して、全ての災害救援復興のボランティアに携わった方々に最高の敬意と感謝を表すと共に、一般社会に:「台東は新たにスタートしました!皆さんが台東へ旅行し、消費を行うという実際の行動で台東を支持するよう歓迎!」の宣告を行いました。卑南郷の許郷長は知本温泉の各ホテルは満室で、全国の皆さんに対し台東の支持と援助に感謝を表しました。

  黃知事は特にコンサートに出席した通信英語教室の彭蒙惠先生に感謝を表しました。台東を元気付ける為に会場に出席しただけではなく、元々彭蒙惠先生の90歲の祝賀誕生日の費用に加え、合計30万元を台東に寄付された事に心より感謝を表しました!

  卑南郷許文獻郷も各界の援助に感謝を表し、「我々は大丈夫です、台東はもう準備完了です」と述べました。台東は非常に大きい災害を経験しましたが、各界の援助で迅速に復原しています。また台東各地の郷里が平安を持続できるようお祈りすると共に、各地の人達の援助にも感謝し、台東(市内)の復原が僅か一週間で既に90%に達している事を伝えました。

  台東の地元の楽団「黒い少年」と王宏恩歌手も会場で、特に歌声で台東をサポートしてくれた人達に感謝の意を表しました。台東の子供として、本來ただ台東に対する支持を表す目的で出席した王宏恩氏でしたが、黃知事の一言:「宏恩、貴方が来た以上、二曲歌わないか?」と言われ、彼は歌声で台東の復興をサポートしてくれた全ての人達に感謝を表しました!
類別:[活動]
  • 相關圖片
    相關圖片 相關圖片
    相關圖片
    1. 光雕.jpg