字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
台東の300個の熱気球が日本三重県に高く掲げられる 黃健庭知事は台東と日本の都市外交に成功
日付:105-03-09    
台東県の黃健庭知事は、3月8、9日に県庁チームを率いて日本の三重県へ訪問しました。その際、鈴木英敬知事、伊賀市の岡本栄市長及び志摩市の大口秀和市長とも二度目の再会を果たしました。この度の面会では1月に台湾と日本が共通認識の下に締結した合作交流備忘錄に関して、双方が研究討論を行い、今後の台日産業合作交流等の詳細を協議するためです。黃知事は日本の三重県津市の県庁、伊賀市及び志摩市の市役所に赴きました。日本では台東県庁が特に贈呈した300個の熱気球が、県庁ホールの地元の学童が描いた絵の後ろに掲げられ、黃知事及び県庁チームの皆は大変驚きました。その外、伊賀市及び志摩市の事務所の入口に台東専用コーナーが設置され、常時台東のマスコット、先住民のアイデア商品及び台東旅行ガイドが展示され、地元の人達が公務で訪れる際に台東を知る機会を提供し、更に一歩進んで台東への旅行に興味を抱かせる事ができます。

黃健庭知事が第二任期担当以來、台東を「国際幸福都市」にするよう努め、組織を改造して国際発展及び計画處を成立するのみならず、更に台東県を2016年に国際化の元年にするよう希望しています。年初に経済部工業局台日産業合作推進事務所の紹介を通して、台東県庁の国際発展及び計画處と日本の三重県伊賀市及び志摩市との合作交流備忘錄が締結されました。三方各自の特性と共通点を有効に用い、本質的な交流目的が達成される事が期待され、双方は会議中に特に芸術家駐村、スポーツ競技に関心を抱きました。黃知事も日本の三重県県民専属の割引方案を提供し、台湾に旅行で来られる日本の旅行者が台東の情熱を体験するよう期待しています。

また今回の旅行のハイライトは、台東の農産物をピーアールする事で、交流の会場には各類の台東農産加工品が陳列されました。また会場では伊賀及び志摩市の市長が、台東の赤キノアパイナップルケーキ、紅ウーロン茶等を試食しました。更に志摩市商工会の坂下啓登会長が、4月の志摩食品展覽会に台東の農業特産品を展示するようにと招待して下さいました。知事は返礼として台東のパイワン族の手織ベスト、ビーズのネックレス及び年初に台東に来た際に味わった手製柚子茶等、台東の代表的な産物を贈りました。

近日、中国政府の限縮令の影響により、大陸から台湾に訪れる旅行者の数が急減する事が予想され、台湾の各県市にとって頭の痛い問題となっています。しかし、黃知事は台東を「国際幸福都市」とするビジョンの下、台東県庁の職員は国際的な観光客を引き寄せる一連の旅行計画に早くから着手していました。同時に日本の三重県専属旅行社を主軸とする観光ツアーを提供し、更には日本の三重県で台東のプロモーション等の一連のイベントも開催しています。黃健庭知事は今回の日本三重県との交流によって、日本から台東へ来る観光客が増加し、消費がピークに達するよう希望しています。
類別:[活動]
  • 相關圖片
    相關圖片 相關圖片
    相關圖片
    1. S__19734532訪問.jpg
    2. S__19734533訪問.jpg
    3. S__19734534訪問.jpg
    4. S__19734535訪問.jpg
    5. S__19734536訪問.jpg
    6. S__19734537訪問.jpg
    7. S__19734539訪問.jpg
    8. 三重.jpg
    9. 三重1.jpg