字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
黃健庭知事及び消防局の黃文魁副局長が 台東県消防局都蘭消防所のボランティアを慰問
日付:103-02-21    
台東県消防局東河消防分隊の都蘭消防所は、2007年に成立して以來、ずっと東河郷都蘭地区の生命と財産の守護神となっています。そこは現在全国で唯一ボランティアの人員が、ローテーションで勤務している消防所です。ローテーションで勤務している12名の成員全てが、地元の人達の為に熱心に使えるボランティアで構成されています。毎日二名のボランティアの成員がローテーションで勤務に携わり、当日の急難救助の前衛の任務を果たしています。他の成員も常に線上で待機し、一年365日間休むことなく、火災、交通事故の救助、自殺、溺れ等、各種の消防所が処理すべき任務を執行しています。昨年を例に挙げると都蘭消防所では、火災警告14件、交通事故救助5件、溺れの救助1件となっており、正に地元住民の7-11とも言えます。

この功績の高い無名の英雄達に対して、黃健庭知事及び消防局の黃文魁副局長が、特に2月21日のお昼に都蘭消防所の駐在地-都蘭協天宮で慰問を行いました。地元で無私の精神で奉仕しているボランティアの成員の慰勞の外に、この又と無い機会を用いて、東河地区の消防仕事を推進している林東滿議員、許進榮議員、劉純歌議員に感謝を表しました。更に東河ボランティア消防分隊長の働きによって成立した都蘭消防所、それを支持した東河郷の陳式鴻郷長、及びその他都蘭消防所の成立に全力で支持や運営に協力した地元の方々に感謝の言葉を述べました。また郷民に対して都蘭、泰源の二つの消防分隊の設立及び用地取得の為、全力で推進している事を説明し、消防の防護ネットが、将来全郷の角隅まで行き渡る事も話されました。

台東県の黃知事は、就任以来ずっと台東県の消防の仕事を推進してきた最も有力な支持者です。就任後、当時全県の定員164名の消防員では、台東県の険しい山、海、離島の地理環境を世話する事が無理だと感じました。それで、日々被害者を救助するという厳しい責務を有効に果たす為、直ちに台東県消防局の消防員146名を增加する事を許可しました。更に大武消防大隊及び太麻里分隊、金峰、卑南、達仁、蘭嶼消防分隊等の事務所の新築工事も行いました。現在再び62名の消防員の増加を計画しており、また利稻地区に消防所を設置する事も計画しています。其の他南迴安朔トンネル口、東河郷都蘭村、東河郷泰源村、台東市大豐、豐田等の地区に消防分隊を設置する計画もあります。更に専門の救援隊チームを設立し、山域救援専門チーム、水域救援専門チーム、特種捜索救助チーム、搜索救助犬の育成及び訓練、化学災害処理チーム等の設立計画があります;現在4チームのハイレベルな救護チームを長濱、池上、達仁、安朔等の地区に增設しています。完備された最も綿密な防災ネットを築き上げ、台東県民の生命と財産の守護となるよう期待されています。
類別:[訪問]
  • 相關圖片
    相關圖片 相關圖片
    相關圖片
    1. 1 (2).jpg