字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
台東で「台東大学と産業・官史・学術界のプロジェクト連盟」 13日正式契約及び成立 Maker人才を育成し台東をキャンペーン
日付:105-01-13    
台東県庁と台東大学の協同で、台東TTMaker園区4G応用のソフトウェアの革新創業園区が成立し、1月13日に契約後、看板が掲げられました。将来、五年間で一億から一億五千元がソフト・ハードウェアの設置に投入され、クラウドサービスを台東県内の各種産業とサービスに深く浸透させる事ができます。

産業界・官吏・学術界が協力して各項目の産業へのサービス
例を挙げて言うなら、台東のウコン産業は一時大変繁栄しましたが、昨年は農民が栽培後、卸売業者が買い取らず、売れ行きが最悪な状況に直面しました。これは農民が、卸売業者に対する情報が不足した為に生じた問題です。今後似たような状況が生じるなら、農民はTTMakerクラウドデータを通して、生産と販売の状況を直ちに知る事ができます。更にはケースバイケースのサービスで、農産物を順調に販売する事もできます。

別の例は長濱郷の一人住まいの老人が、台東市内の病院に行く必要が生じましたが、医療専用車は彼一人にとってコストが高過ぎます。TTMakerの総合的なサービスを通して、1台の車が出勤して数名の患者を載せる事もできます。
台東大学は経済部、教育部からの補助経費を獲得しています。また県庁及び民間企業の物流ネットコムで、共同で経済部工業局、資策會のデジタル教育研究所の支援を得ています。更には株式会社ジャコフと技術合作を行い、産業の活力革新及び市場メカニズムも導入する事ができます。大学で企業の概念を派生し、共同で台東校区に「TTMaker 4G応用ソフトウェア革新創業園区」を建立し、学術研究をマーケットに応用し、新しい事業を有利な環境で発展させる事ができます。1月13日に劉金源校長と黃健庭知事、饒慶鈴議長等によって開幕が行われました。

1階の空間を開放 県民の体験区を設置
台東大学によるとTTMakerの最も重要な特色は、仕事に相応しい共有空間と共有サービスを提供する事です。それには秘書サービス、Call Center、アフターサービスとクラウドサービス、物流プラットフォームサービス等が含まれ、製品の創作と研究開発に集中できます;TTMakerは職業高校以上の学生に革新的なプロジェクトの実習の機会を提供し、地元の人材を育成する事です。一階の空間を開放して、県民の体験区を設置し、県民と学生全てが科学技術情報の齎す便利さを体験する事ができます。

人材の育成 台東をキャンペーン
黃健庭知事は、三人の「台東人」(知事、劉校長、彭理事)の努力の結果、国際幸福都市が県庁の将来の施政ビジョンとなり、それには四つの異なる面、国際化、スマート化、教育の深耕、環境の永続が含まれる事を指摘しました。黃健庭知事と県庁チームが、以前からスマート化に努力していた事は誰の目にも明らかです。僅か二年も満たない内にTT-Freeを設置し、全国で屋外無線ブロードバンドの基礎建設で第1位の業績を成し遂げました。更に連続二年間、国際スマート都市でICFの前列21位を獲得しています;台東ネット農場TT-Mallも創設以来延べ2500万回の閲覧数を記録し、一億の成約金額を齎し、国內スマート都市の革新応用賞を獲得しました。TT(TaiTung)で始まる応用が益々広がり、今企画中の台東各局處のデータベースTT―Cloudのクラウドのビッグデータ等も含まれます。また創客園区TT-Makerの設置は、スマート化及び教育深耕の目標にも適合します。

黃健庭知事は人材の育成が将来の重要ポイントである事を強調し、積極的に実験教育の推進を通して、外語、文化及び情報ソフトウェアを強化し、優れた人材を台東に留めるだけではなく、社会的な弱者が身を転じる最良の機会となる事を信じています。黃健庭知事は台東の国際化によって、 TTMakerが更に重要な役割を担う事を指摘しています。今回TT-Makerが産業界・官吏・学術界の共通の協力を通し、台東の為に恐らく新たな産業を創り上げる事でしょう。TTMakerの革新応用は更に大勢の国際観光客を引き付けるだけではなく、台東の文化産業を国際的にキャンペーンする事ができ、台東の子供達の芸術的な才能と手造りの技術をソフトウェアと結合する事で、台東の子供達が国際舞台で頭角を表す事を期待したいものです。
類別:[活動]