字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
台湾で初めての熱気球チャレンジ賽が終了 日本の選手が優秀な選手達を制覇し優勝
日付:105-07-06    
既に6年目の熱気球イベントの開催となり、今年台東県庁は全国で初めて国際級熱気球チャレンジ賽を取り決めました。15か国から26名のパイロットが試合に参加するため鹿野高台に集い、名誉ある総賞金9500ドルの獲得に挑みました。今日は天候の関係で競技が中止になりましたが、総成績の決算で、競技以前にチャンピオンと相されていた日本のMasahiko FUJITA選手が、10554点で予想通り競技の首位に立ち、5000ドルの賞金とトロフィーを獲得しました。台湾賞は地元の邱盛富(ダハイ)選手が9646点で、500ドルの賞金を獲得しました。

  絶えず創始の記録に挑戦する「台湾国際バルーンフェステ」、今年初めて「台湾国際熱気球チャレンジ賽」(Taiwan International Balloon Challenge Cup)が開催されました。競技は国外組と台湾組に分けて行われ、総賞金9,500ドルの獲得を競う競技が行われました。試合の総監督は、長年チャレンジ賽の資格を有し、ピャンピオン獲得の経験があるスペイン籍Angel Aguirre氏が担当しました。2日早朝5時に黃健庭知事が旗手として「綠の旗」掲げ、更に熱気球の総指揮官Wout Bakker氏が競技の開始を宣告しました。その後、競技に参加したバルーンが次々と飛び立ち、黃知事も邱盛富の操作するハンク・バルーンに搭乗し、実地体験に参与しました。

   今回の競技の項目は、国際熱気球競技で最もよく使用される「正確な投下」で、「正確な投下」は1機の先導バルーンが初めに離陸し、状況に応じて降落場を選択した後、地面上に直径10メートルの十字をターゲットとして設置します。10~15分後、全て競技に参加するバルーンが笛の合図後に飛び立ち、ターゲット目がけて飛行し、総重量77グラムの「ミサイル」を正確に投下します。採点基準は、十字のターゲットの中心距離の遠近距離によって計算されます。この競技は、パイロット達のナビゲートを試すだけではなく、風向き変化を把握し、飛行角度の判断能力、時刻の変化による気象と風向き、パイロットのコントロール技巧をファンの目の前で披露できます。

  毎回の飛行は当日の天気状況によって1から4のターゲットが設置され、5日間の累積得点の最高者が、今回の台湾国際熱気球チャレンジ賽のチャンピオンになります。トロフィーの外に最高額5000ドルの賞金も獲得する事ができます。第二位は3000ドル、第三位は1000ドル及び台湾賞は500ドルです。

4日間の競技を経て(今日は気象状況により競技は中止)、競技の結果は総成績第一位ナンバー7号Masahiko FUJITA (Japan)総点数10554点、第二位15号- Jan Timmers (Belgium)総点数10435点、第三位13号のSteve CAMPBELL (Australia)総点数10355点、及び国内賞ナンバー1号chiu sheng-fu(Taiwan)総点数9646点。
類別:[活動]
  • 相關圖片
    相關圖片 相關圖片
    相關圖片
    1. S__10346532.jpg
    2. S__10346533.jpg
    3. S__10346536.jpg
    4. S__10346537.jpg