字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
台東県が経済日報等で五大幸福都市第二位を獲得  黃知事自らが受賞 県庁は引き続き国際幸福な都市を築くよう努力
日付:104-09-30    
経済日報と南山生命が行った幸福都市調査が9月30日に台北で発表され、台東県が第二位の栄光を獲得しました。こうした事は初めてであり、台東は初めて上位五大幸福都市にリストアップされ、更に初めて「客観幸福力」の指標調査で卓越優位区に入りました。黃健庭知事自らが台北に赴き賞を受賞し、挨拶に際して:以前の台東の状況からするなら、5年前でさえ幸福都市に選ばれる事は叶わぬ夢で、こうした賞が絶対に得られない事を述べました。また知事は主催機関の経済日報の専門評論調査により、こうした特別の栄光が得られた事に感謝を表しました;また勤勉で善良な台東県民が、彼の改革を支持してく
れた事に感謝を表しました;最後に知事は特に正義で慈愛の神に感謝を表し、もし神の助けがなければ、短期間内にこのような不可能に近い任務を完成できなかった事も述べました。

台東は今回第二位に選出され、昨年の6位より更に進步して第二位を獲得する事ができました。近隣の花蓮が第一位で、主要な点は「主観幸福感」が台東より高い事です。しかし「客観幸福力」を比較するなら、台東は花蓮より優れています。今回の調査には地方財政が含まれておらず、事実上財政は幸福の真実性に対して、長期的或いは短期的に影響を与え財政の評定に於いては、台東県はずっと優越しています。その他、長期に存在する構造的な問題があります。それには平均寿命、平均所得と教育程度等で台東は依然として遅れており、更に多くの時間をかけて改善する努力が必要です。しかし全体の成績は既に他の都市と歩みを共にしており、こうした点は大いに慰めになります。

黃健庭知事は台東のアイデア観光推進からスタートし、産業を促進し、更に改革を堅持して、限られた資源を無駄にせずの策略の下、台東県を覆す事に成功しました。知事は台東では現在働き人を探せない状態になっており、こうした変化を体験できる台東人は大変幸福なのではないでしょうか?ここ数年大勢の新移民が大都市から台東に引っ越して来ています:虫の鳴き声や小鳥の囀りが聞こえ、夜空に輝く満天の星を見、自転車で10分以内の太平洋の海岸から日の出を見、約200ヘクタールの森林公園での寛ぎを享受できます;また徒歩で映画を見、KTVで歌い、ステーキを味わう事ができます;一年間に300回程行われる文芸ショーのプログラム…これらは最も自由なTaitung Life Styleで大勢の人達が憧れる住居場所です。

黃健庭知事は熊本の熊故郷--蒲島県知事の幸福方程式(幸福にはEconomy経済、Pride光栄、Security安全とHope希望の4つの元素方程式が含まれる)を参考にし、台東が経済の改善を既に検証しており、県民の栄光感を向上させ、確かな実戦の成果を得ている事を述べました。知事は将来更にスマート化、国際化と環境の永続の方面で引き続き努力する事、台東を更に心身豊な都市に築き上げ、台東県民が更に幸福な日々を過ごせるよう約束しました。
類別:[活動]