字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
公告メッセージ
台東は積極的にスローシティーを参考  韓国の発展経験から学ぶ
日付:105-03-05    
台東は台湾国民にとって既に「ゆっくり生活」と「ゆっくり遊ぶ」の第一選択の場所となっています。近年、台東県庁は積極的に「スローフード」産業の統合を推進しています。スローシティー理念の拡大の下、多くの郷鎮は既に準備を始めており、国際スローシティー認証都市(Cittaslow)の目標に向かって前進しています。「スローシティー」の言葉の発祥はイタリアで、「スローフード」からスタートして、全面的な「スローシティー」の行動に繋がっています。1999年から現在、全世界で既に30カ国で、200近いスローシティー都市が誕生しており、近年国際都市ネットワークが迅速に成長しています。国際スローシティー都市ネットワーク(Cittaslow International)に加入し、スローシティー認証を望んでいる郷鎮の申請の着手を励ます上で、台東が再び国際基準に合わせる絶好な機会となっています。

3月2日から5日まで黃健庭知事は、県庁チームを率いて近隣国の韓国を訪問しました。韓国のスローシティーの訪問の外、更に重要な韓国スローシティー本部理事長、漢陽大学の栄誉教授孫大鉉氏、また京畿道(キョンドキ)のスローシティー南楊州市鳥安面の訪問が含まれています。韓国は2006年からスローシティーの推進を開始しており、アジア地区で最も積極的な推進国家です。10年間で既に12のスローシティー認証を獲得しており、多くは地方の特色を有する農業漁村、或いは伝統文化地区です。韓国政府も「スローシティー」を国の観光の特色あるテーマに定めています。また定期的に「スローフード」祝祭日を開催し、多くの国際交流訪問と大勢の観光客を引き寄せる事に成功しています。韓国は民間から起動し、その後政府の強力な支持と是認の下で、ネットワーク化にも成功しており、国際観光の各項目の準備作業等、台東にとって大変学ぶ価値があるものばかりです。また今年、韓国の人達を台東に招待して地元で本質的な交流ができるように希望しています。

2014年からスタートして、台湾の各県市の郷鎮でも続々と国際スローシティー認証を獲得していますが、台東県では「スローフード」と「スローシティー」の提唱が、2011年から既にスタートしており、スローシティー認証に努力しています。地元の郷鎮も大変条件に適っていますが、国際情勢に応じて焦らずに前進していく事を希望しています。スローシティーの認証を獲得した結果、郷鎮の発展は表裏のない本質的な有益を齎します。現在積極的に準備をしているのは池上郷、關山鎮、鹿野郷等の区域で、全て自然と人文の条件を有した区域です。更に重要なのは、地元の住民がスローフードとスローシティーの発展概念を有する事です。スローシティー認証の申請を通して、各郷鎮の未来が更に開かれ、国際的な視野で地方の発展を齎し、台東を全世界が憧れるゆっくり生活、ゆっくり旅行の美楽の地にする事を希望しています。
類別:[活動]
  • 相關圖片
    相關圖片 相關圖片
    相關圖片
    1. 慢城1.jpg
    2. 慢城2.jpg
    3. 慢城3.jpg
    4. 慢城4.jpg