字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
台東紹介

青い海と青い空気候は旅行の時間と農作物の品質に極めて大きな影響を与えます。本県は北回帰線の南に位置し、モンスーン帯にあってその影響を強く受けています。熱帯気候型の南部熱帯性高山気候区にほぼ属しています。

黒潮と山脈の排列が台東の気温に大きな影響を与えており、平均温度は西部と比べて約0.5℃ほど高く、平地は高山丘陵地帯と比べて高くなっています。台東の年平均気温は24.5℃で、蘭嶼島は海に調整されて気温は少し低く、年平均気温は22.6℃です。もし月平均気温22℃以上を夏とするなら、蘭嶼を除いた他は皆八月から九月にかけて夏となります。

台東の雨は多く、年間雨量は約1890.6ミリになります。季節風と台風の影響を受けて五月終わりから十月にかけて雨季となり、十一月から翌年四月までが乾季となります。降雨量は約四倍の差があります。

本県の日照時間は一般的に西部と比べて短く、平地の海岸地域の年間日照時間は1530hrから1950hrの間であり、七、八月の日照時間は比較的長く、215hr以上であり、北から南へ向かうに従って長くなっています。離島地域の蘭嶼の月平均日照時間は約120hrです。山岳地域の月あたりの日照時間は海抜高度や太陽に向かう地域、または太陽を背にする地域、谷間や尾根の位置などによって異なります。一般的には約65-250hrの間となっています。