字級:

滿意度調查

您對此網頁資訊及功能滿意度?

:::
台東紹介
台東県の面積は約3,515平方キロメートルで、台湾の面積の9.78%を占めています。面積は広く、花蓮県と南投県についで台湾第三位となっています。南北両端を結ぶ海岸線は166キロにも渡り、これは台湾の全長のおよそ2/5で、台湾で最も細長い県です。人口はおよそ234,123人で、合わせて十六の郷・鎮があります。その区分けは以下の通りです。
 
picture picture picture
picture
ico県管轄市
ico 台東市
ico
ico 成功鎮 ico 関山鎮    
ico
ico 卑南郷  ico 鹿野郷 ico 池上郷 ico 太麻里郷
ico 大武郷 ico 東河郷 ico 長濱郷 ico 金峰郷
ico 延平郷 ico 海端郷 ico 達仁郷 ico蘭嶼郷
ico 緑島郷      
picture
picture picture picture
     
ico Taitung City go top
picture
picture
青い海と青い空鯉魚山を散歩して太平洋に足を洗う、町の中心には山があり、山裾は海にまで届いています。唯一無二の海と山の景色は台東市ではどこででも見られます。正気路は小皿料理街でもありフルーツ街でもあり、琵琶湖、活水湖と鷺湖がある海浜公園と森林公園、富岡漁港、地層が逆転していて「加路蘭」と呼ばれている小野柳、祖先たちの偉大な努力が遺跡に満ちる先史博物館と卑南文化公園、さらに最も美しい台東空港はまるで美しい町の花園のようです。
     
ico Chenggong Township go top
picture
picture
八拱橋

アミ族が多くを占める成功鎮では、その台東で最も長い海岸線と黒潮が通過することから漁業資源が極めて豊富で、花東海岸最大の漁業の中心となっています。漁業の発展によって成功鎮は台東県最大の郷・鎮となりました。その海岸地形の景観は千変万化で至るところに自然の美しい景色が見られ、見る人の目を飽きさせません。

最近では、東部海岸国家風景管理処が都歴の南側の海岸段丘へ移転され、全鎮の観光ブームをリードしています。旅行施設の計画が完全で、海洋観光資源との適切な組合せに加えて多彩なアミ族の文化によって、成功鎮は台東北部の最も重要な観光地区となっています。

     
ico Guanshan Township go top
picture
picture
周遊サイクリングロード

関山鎮の地勢は平坦で、農業にたいへん適しており、米が最も重要な製品となっていて関山米が全台湾で有名な他、先祖が苦労して切り拓いた美しい農村と田畑もあり、多くの人文史跡を留めて後山移民の苦しい歳月を記録しており、これらは全て観光発展の貴重な資産です。最近では、鎮を一周する自転車専用道路と親水公園が建設を終わり開放されています。観光客は山からの風に乗り、田や野を越えて蓮池に遊び、鴨と戯れて子どもの頃の素晴らしい記憶を再び楽しむことができます。

     
ico Beinan Township go top
picture
picture
瀑布


卑南郷には多くの山、丘陵があり、平地はたいへん少なくなっています。郷内にある知本渓流域の知本温泉区は温泉と森林浴で有名で、台東旅行の主要な観光スポットとなっています。区内には観光客のために数十軒もの温泉旅館があります。そして台東県内唯一の「杉原海水浴場」は大海原に最も近づいた感じを与えてくれ、完全なレジャーリゾートを楽しめます。
経済は農業が主で、主要な作物は釈迦頭、茶葉、バンザクロ、パパイヤなどです。最近は経済的価値の比較的高い荖葉、荖花、寄せ接ぎ梨、ドラゴンフルーツなどの農作物が普及しています。郷内には、初鹿牧場、賓朗家畜種付け繁殖場、台東区農業改良場斑鳩ワークステーションなど、農業研究機関がたいへん多く、東部の農業研究の重鎮といえます。

ico Luye Township go top
picture
picture
パラグライダー鹿野郷内は水源が豊富で、天候、土壌が良く、政府が東部における重要な茶葉の産地として開発しており、「福鹿茶」はたいへん好評です。最近では観光レジャー農業の発展にも力をいれ、鹿野高台では地の利を生かしてパラグライダーが普及しています。また、外部と繋がる道路も改善され、休憩施設なども建設されて観光ブームをリードし、鹿野郷を新しい重要な観光としています。
いまでは観光茶園が林立して、赤サトウキビは全台湾で高く評価されています。観光客は直接自然を楽しむことができます。お茶の山とサトウキビ畑のが広がる間に鹿野の風情を味わうことができます。
     
ico Chihshang Township go top
picture
picture
油菜シーズン池上郷は気候の影響で比較的大きく弾力のある米粒が成育し、品質・口当たりともにたいへん優れています。かつて日本の天皇に「献上米」として献上されていました。たいへん有名な池上弁当の名は、全て池上米の功績だといえるでしょう。郷内の大坡池は池上郷だけではなく、縱谷で最も特殊な自然景観です。池に棲む動植物の生態はたいへん豊富で、魚、エビ、レンコン、ヒシの実は郷の人たちに好まれています。
     
ico Taimali Township go top
picture
picture
日の出

太麻里は台東から南へ向かったところにある大きい農村集落です。特に釈迦頭の実はたいへん大きくて甘く、香りも高く生産期も早いのでほぼ太麻里の代名詞のようになっており、果実農家に少なくない財産をもたらしてくれました。黒潮の通過は太麻里を重要な漁場にもし、砂浜には釣り客が後を絶たず、三和村の沖には定置網が仕掛けられて一日二回の水揚げは後山の特殊な漁業文化となっています。

「ハワイビーチ」にも匹敵する太麻里の海岸は、延々と何キロも続く砂浜と、影の揺れる椰子の木があります。2000年には一千万人がここを訪れ、太平洋からゆっくりと昇る初日の出を迎えました。野趣のある金崙温泉と金針山の四時花弁も観光ブームを引っ張っています。この金色に光り輝く「日出づる郷」はまさに朝日が東から昇るようにその素晴らしい魅力を放ち始め、それを抱きしめようとする観光客をひきつけて止みません。
     
ico Dawu Township go top
picture
picture
胡蝶蘭

集落の建築、風土と人々の様子に小さな町の風情が色濃く残っています。住民の多くは農業、漁業に従事しています。農産品は玉荷包ライチが最も有名で、その生産期が他の地区よりも早いだけではなく、肉質が甘く柔らかいことから広く観光客に愛されています。漁業の面では、大武沖は世界でも少ない湧昇が見られ、豊富な栄養塩を含んでいるため、大量の深海魚類がここに回遊し、生息しています。

     
ico Donghe Township go top
picture
picture
東河の美しい景色

東河郷沿海の観光スポットには加母子湾、水往上流、都蘭、金樽があります。続いて北上すると「金樽」の陸続きの島が全台湾を見渡し、東河橋に至ると馬武窟渓峡谷の景色が眼下に走り、海と空の間、人間の地にある仙境のようです。馬武窟渓に沿って泰源盆地に入ると、登仙峡谷と猿たちの影、古代の巨石、曲がりくねる川の流れ、隆起した河岸段丘、漂う果物の香り、山の中の精霊たち、林の間の舞姫、渓流沿いの流れ者など、心に響き、耳と目を楽しませないものはありません。
東河郷の観光資源は文化、風景、生態、フルーツなどの特色が集まっています。全台湾を見渡してもその右に出るところは多くないでしょう。

     
ico Changbin Township go top
picture
picture
長濱の美しい景色

長濱の元の名前は「加走湾」といい、アミ族の言葉で「展望台」や「見張り台」を意味するpikakasawanという言葉から変化したものです。この郷は台東と花蓮の真中に位置しておりアミ族の勢力範囲でしたが、日本統治時代にその他の部族が次第に移住してきたため、今では各部族が混じりあって住んでいますがやはりアミ族が多数を占めています。郷内の多くの場所で古代遺跡が発掘されて以来、純朴な農村の様子から一転して文化的に重要な地となりました。その名を耳にした観光客が国内外から訪ねてきており、観光の十分な潜在力を見せています。

     
ico Jinfong Township go top
picture
picture
ローゼル

金峰郷には険しい山々、重なり合う岩があり、人気が少ないことから野生動物たちの天国となっています。近年は太麻里渓流地域の部落が「マサルの旅」を始めました。特有の環境とパイワン族の文化を結合させ、部落の人たちにガイド、解説員の訓練を行い、金峰郷の一大特色となっている、部落主導の深みのある旅行に挑戦しています。また温泉地熱も観光旅行の最大の資産となっています。

     
ico Yanping Township go top
picture
picture
祭典

延平郷はもともとルカイ族の狩場でした。1968年、一本の竹棒と石ころから始まった紅葉小学校少年野球チームは、なんと世界王者の日本チームを破り、その名を全国にとどろかせました。「紅葉少年野球チーム」は台湾の青少年に野球ブームを巻き起こしたのです。鹿野渓沿いには広く温泉が分布し、気楽でのんびりした雰囲気と、遥かな静謐を感じさせてくれます。谷川のそばには天然の露天温泉があり、山の峰は青く、自然の趣が非常に豊かなよい所です。最近は縦管処が周辺の交通と観光施設の改善に力を注いでいるので、近い将来縦谷の南側の旅行名所となるでしょう。

     
ico Haiduan Township go top
picture
picture
海瑞の美しい景色

海端郷は台東県で最も広い郷・鎮です。住民はブヌン族が多くを占め、山や田の焼畑開墾や狩猟が主な生活方式です。最近、ブヌン族の人は率先して「渓流封鎖」(新武呂渓)を行い、部族の人が自治する生態保護区を成立させて「高身鏟頜魚」などの国宝魚に息のつける場所を与えています。良いモデルを確立し、環境生態の保護に極めて大きな助けとなるだけではなく、子孫の代まで尽きない観光資源を残します。

     
ico Daren Township go top
picture
picture
蝶

達仁郷は辺境にあることから多くの自然の風貌を残しており、原始の美しさに溢れ、川を遡って秘境を訪れる人たちの聖地です。台湾の観光トレンドが次第にエコツアーに向かっている今、その純粋で豊富な渓流の生態は新しい人気の的となっています。百歩蛇と台湾百合は最も代表的な図案で、現在これらの特長は、民族の特色ある手工芸にまで発達しています。

ico Lanyu Township go top
picture
picture
板張り舟

清朝の初期の文献では蘭嶼を「紅頭嶼」と呼んでいました。後に蘭の栽培が盛んとなったことによって1946年「蘭嶼」と改名されました。蘭嶼は火山活動によって出来たもので、龍頭岩、象の鼻、鉄兜岩、小饅頭山、饅頭山など、火成岩の特殊な景観を豊かに具えており、造物主の不思議な力に驚かずにはいられません。板を張り合わせて作った船はヤミ人の文化のシンボルです。削った木を組合せ、船の美しい幾何文様は極めて意義に富んでいます。ヤミ人伝統の地下家屋は地面にはただ屋根が見えるだけですが、その建築の奥深さは軒の下にあります。しかもそれは地下2、3メートルの深さで、人類の文化遺産の典型です。ヤミ族(達悟族)のユニークな農業、漁業、建築と集落文化は蘭嶼と合わせて全世界で最も重要な財産です。

ico Lyudao Township go top
picture
picture
灯台

緑島は元の名を「火焼嶼」と呼ばれ、アミ族と蘭嶼の達悟族がかつてここの主でした。島の周囲の海浜はすべてサンゴ礁で囲まれており、海洋生態は十分豊富で、海の浸食による景観も非常に発達しています。レジャー旅行業の発展に伴い、東部海岸国家風景管理処が進駐し、観光リゾートブームを引っ張っています。この東洋の真珠、緑島はより輝きを増しています。